愛人掲示板で自分に合った愛人を探す

愛人掲示板を利用している女性たちは、一体どんな人たちなのでしょうか。
先ず人妻、セックスレスや夫に飽きられた女性、それと離婚経験者、「もう結婚なんてうんざり」と思っている女性、でも恋人関係やセックスに未練がある場合、あとは結婚の経験がない女性、彼女たちは結婚願望はあるにしても、男性に対する理想が高く、なかなか結婚に踏み切れないでいる場合、などがあります。
どの女性たちもセックス自体は嫌いではないのですが、「好き者」というレッテルは当たらないようです。
もし「好き者」というキーワードで括ると、手痛い間違いを犯すこともあります。

愛人志望していながら一番手に負えない女性は、「メンヘラ」と呼ばれる女性です。
メンヘラとはメンタルヘルスの略称で、精神に何らかの障害を負った女のことです。
精神に障害を負っているといっても、話をしても見た目も、何ら普通の人と変わりはありませんが、「ちょっとおかしい」ところがあり、長い間に「ちょっと」が「かなり」に変わることがあります。
そうなった時が厄介なので、早期に「メンヘラ」状態に気付くことが必要です。

愛人サイトの選び方には気をつけましょう。
ほとんどの男は、女性のヌードに反応します。
女性のヌードを掲げたサイトは、男性から見れば注目度は抜群です。
それに目を奪われて、とんでもないサイトもあります。
口コミや体験談を複数見て、知識だけは豊富にしておきましょう。

愛人関係を続けていく為には、ある程度の努力も必要です。
その関係をずっと維持したいと思うのであれば、「愛人関係のマンネリ化」を未然に防がなければなりません。
結婚生活のマンネリ化を嫌って愛人を作ったのですから、せめて愛人との関係はフレッシュとまではいかないまでも、「心ときめく関係」であって欲しいものです。
それには相応の努力も必要です。
妻との関係には努力を惜しんでも、愛人とは旨くいってもらいたいものです。
愛人との関係と言えども、油断をすると一気に関係はマンネリ化します。

メール交換まで持ち込むには、プロフィールの作成を怠ってはいけません。
経歴はそれぞれでしょうが、魅力あるものに関心が集まるのは避けがたい事実です。
簡潔に余すところなく伝えます。
プロフィールというのは、人と会う場合の第一印象と同じです。
第一印象が悪ければ、その後の付き合いに支障が出ることになります。
わざわざ第一印象が悪くなるような記述は止めましょう。
とかく媚びることの嫌いな男性は、プロフィールの作成に力を入れません。
媚びるのではありません、自分を売り込むのです。
正直にリアルに簡潔にプロフィールを作成します。

とにかく、サイトに登録している女性は、男性よりもずっと数が少ないのですから。
プロフィールの作成が終わったら、いよいよファーストメールです。
気取らず・軟派過ぎず・硬派過ぎず・紳士的な態度でメールを送ります。
ファーストメールに返事が来たら、自分のことより相手のことを中心に考え、メールを書きます。
返信には時間を置かずに返します。
誠実さをアピールして下さい。

愛人を作るなら近場が一番、度々会えるから、などと利便性だけを強調すると、ばれる確立が高くなります。
それに相手女性も警戒する可能性もあります。
少しぐらい距離があっても・また距離があったほうがばれません。
メールもネカフェから送信して、ばれる確率を減らします。

「デフレ愛人」という言葉が週刊誌で取り上げられました。
少し前までは月20万円以下の愛人関係はありませんでした。
20年ぐらい前でしょうか、総理大臣が愛人に月20万円しか払わないことで問題になったことがあります。
その女性が洗いざらい総理大臣との関係をマスコミにぶちまけ、アメリカの雑誌の表紙にもなったことで有名になりました。
「デフレ愛人」は月2万円ほどでOKなのだそうです。

世の中も世知辛くなったのでしょうか、またいい時代なのか「年収300万円で愛人がいる」という見出しも話題になりました。
長引くデフレの影響でしょうか、「デフレ愛人」たちは、月1~2万円で2回ほどのセックスを提供しているようです。
そのほとんどが仕事を持っていて、「セックスしたほかにお金まで」という感覚のようです。
愛人関係で暮らしを立てている女性でも、月2万円の愛人関係を複数こなしているらしいのです。
アベノミクスによって、この愛人相場が崩れることを、恐れている男性もいるのではないでしょうか。

それぞれのパートナーに取り立てて不満はないのに、愛人関係を継続させているカップルがいます。
「マンネリ化した日常の打破」と言えば聞こえはいいでしょうが、何かの堪えられない理由がなければ、世間は納得しかねると思うのですが。
しかし、このカップルには世間を納得させる気などありません。
子供の頃、誰かの持っている「おもちゃ」を欲しがった経験は誰にでもあります。
その延長線上に愛人関係が存在すすると言えなくもありません。
たとえ愛人関係が破綻したとしても、その関係が露見しなければ、継続は可能となります。
「大人の火遊び」とも言える愛人関係は「火の不始末」さえ気をつければ、心ときめく関係となります。

娘がいる父親は娘のことが気になります。
娘のことを良く知りたいと思って近づいても、ある時期から娘は父親を拒否するようになります。
これは本能的に娘が、父親に近親相姦される危険を回避していると見る学者もいます。
父親は娘に気に入られようとしますが、これも本能で娘を性の対象と考えているからなのです。
父親が娘の結婚相手に難癖をつける行為も・結婚式を終えた後に父親がぐでんぐでんに酔っ払う行為も、近親相姦の名残なのです。
父親はむすめと同い年の愛人を作り、原始の昔からタブー視されてきた「掟」を、敢えて破るという行為に及ぶのです。
分かりやすくもあり、父親の悲哀とも重なり、男稼業も辛いものがあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ